しばらく更新したりしなかったりします。

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

2013.10.18

よし乃さんは小学生の頃、ドッチボールがうまいわけじゃないのに最後まで残るタイプだったんだ。

674へようこそ


ザッザッザッ


9991506475_40b3885d8c_c.jpg
なぜか切れ気味なんだ。
10

エリ 2013.10.18 10:50
それはモテる女子の鉄則でし♡

マーコ 2013.10.18 18:00
逃げるのがうまいのか、気配を消せるのか…?

当てられるのが嫌で外野を希望するタイプでしたw

fuyong37 2013.10.18 20:24
身のかわしが上手いんですね、よし乃さん。
会社で揉まれ苦労する社員が多い中、ストレスを溜めずに大出世するタイプとみました!

トイレの砂、絶妙なトコロに絶妙な数だけアタッチメント。
シウ兄いに恥を掻かせないでください!!

海澄&トキママ 2013.10.19 10:34
いました、いました。よし乃さんみたいな人!

しうばくんがキレているのは、
「なんで、こんな写真撮るんやっ」

おまけに掲載したとなると……。

 2013.10.19 13:04
よし乃さんは下僕男子たちを回りに配置していたと妄想。

写真は予めしうば君の検閲を受ける方が良いです。

らむ 2013.10.19 13:07
5番目のコメント、名前を書き忘れました。

にゃず 2013.10.20 23:34
鼻に砂をつけるのが
最近のお気に入りなんだ
オサレΦωΦ

leonio 2013.10.27 17:12
ドッジボール!ときいただけでなつかしー
タイムスリップへライドオンです。

お久しぶりです。
今夏に老猫2匹を続けて亡くし、最近やっとペットロスから立ち直りました。

しうさんのトイレが近代的だこと。元気そうでなによりです。

るいがの 2013.11.01 06:46
→エリさん

たしかに「なんであの子はしぶとく残れるんだろう・・・」ってとこから恋がはじまりそうな予感はありますね。


→マーコさん

もしかしてよし乃さんはみんなに無視されてたのでは・・・


→fuyong37さん

大出世!!一生ついていきます!

トイレの砂のつけ具合をみてる撮ってみんなに見せてほしいと言ってるようにしか見えなくてついつい晒してしまいます。


→海澄&トキママさん

お腹の上でくつろいでると思ったら急にスタートダッシュをかまされ、そのふんばられて腹に爪あとがのこってるのはそういうことだったんですね。


→らむさん

下僕達ですか、納得。人数は減ったかもしれませんが、今は僕がその役目をおってるのですね!

しうばの検閲をうけたら更新できなくなってしまいます!


→にゃずさん

ピアスみたいな感じでしょうか。


→leonioさん

こんちは~

僕は立ち直れるんでしょうか。不安です。

このトイレは左半分がトイレへの通路で、右側がトイレになっています。砂を持ち出さない工夫らしいですよ!

ニューバランス 574 グレー 2013.12.17 19:02
I made haste to see Polehampton, to beard him in a sort of den that contained a number of shelves of books selected for their glittering back decoration. They gave the impression that Mr. Polehampton wished to suggest to his visitors the fitness and propriety of clothing their walls with the same gilt cloth. They gave that idea, but I think that, actually, Mr. Polehampton took an aesthetic delight in the gilding. He was not a publisher by nature. He had drifted into the trade and success, but beneath a polish of acquaintance retained a fine awe for a book as such. In early life he had had such shining things on a shiny table in a parlour. He had a similar awe for his daughter, who had been born after his entry into the trade, and who had the literary flavour—a flavour so pronounced that he dragged her by the heels into any conversation with us who hewed his raw material, expecting, I suppose, to cow us. For the greater good of this young lady he had bought the Bi–Monthly—one of the portentous political organs. He had, they said, ideas of forcing a seat out of the party as a recompense.
ニューバランス 574 グレー http://www.auto-veloce.com/fla/newbalance2.php
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。